PCMという実用の心理学|例えば、自分のメンタルをマネジメントするアイディアとか・・

  1. 1528 view

Top Priority UNO流「カエルを食べてしまえ!」プログラム開始



このプログラムは、講座の日(最大5時間の授業)から3週間に渡って

「 あ な た が自身の最優先事項に向き合う」

というグループコーチング(宇野によるコンサルティング)になります。

このページではプログラム参加に必要な事前情報や参加方法を書いていますのでしっかり読んでください。





(ワークタイトル)
Top Priority
UNO流「カエルを食べてしまえ!」
(最大5時間)

グループセッション。
1クラスあたり8名までの限定で、

講座当日は、受講者一人ひとり、それぞれの、

・アウトカム(目標)設定
・価値観の設置
・最優先事項の特定

この3つを明確にし、
その日から、最優先事項に忠実な3週間という時間を進行させるプログラム。

⇒いま自分が何に集中したいのかわからない・・

⇒集中しているはずが、望む成果が出ない・・

⇒どうしても重要課題に取り組めない・・

⇒先延ばしがひどい・・

⇒サボり癖を根本的に治したい・・

⇒取り組み(プロジェクト)を一気に進展させたい!

⇒常にある「焦り」から自分を解放したい・・

⇒ありのまま信仰から自分を脱洗脳したい・・

⇒本当にうまくいかせる方法をもういい加減身に付けたい・・

⇒本当のリラックスを体験してみたい・・

 

このプログラムにより、まずあなたのGoalがハッキリする(あるいは再確認)。

それで、自分の価値観が明確になるので

「何の基準で世界と繋がればいいのか」が、やはりハッキリするわけだ。

それにより自分が、何に取り組めばいいのか、誰と付き合えばいいのか、どのコミュニティに属すればいいのか、逆に何を無視すればいいのか、捨てればいいのか、誰との付き合いをやめればいいのか、どのコミュニティから脱退すればいいのか、

が、

 

スルスル、解る。

 

 

そんな中、向こう3週間のTop Priority、

つまり最優先に取り組む事項が明確化されているので、ひたすらそれに集中して取り組む。

これ、本気で実行すれば、
何が起こると想う?

 

体験するのは、Flow(フロー)だ。

何の迷いもない深化した静寂なる集中。

 

 

体験したこと、ある?

ノイズだらけの現代で、なかなかこの境地を経験することはないよね。

いっぺん、体験してみたらどうだろうか。

気持ち良いことだけやってればいい、好きなことだけやってればいい、

変化する必要はない、ありのままでいい・・・・

自らの人生に関して、自覚していたり無自覚だったりの違いはあるが、

疲れを溜めている人が多い現代では、こういったありのまま信仰がとにかく流行るw

洗脳済みの「気持ち良い」や「好き」に従っていて、本当に根本ストレスから解放されると??

単にさぼりたい、ダラダラしたい、怠けたい、何もしないでいたい、

変化しなくても自分は幸せになれるはず・・・

 

こういった誰にでも奥深く根付いた業を肯定するメッセージがマーケティングとして蔓延し、

しかし確かにそれにて一時の”安らぎ”を感じ取るマーケット(あなた)が在って、

需給がバランスする。

 

もうねw、
気づき始めている人は解るよね??

 

そんなことでは、永遠に安らげないってことを。

 

何かに没頭し、熱中しなきゃ、安堵は得られない。

何の迷いもない深化した静寂なる集中こそが、何の不安も不満も無い、最上級のリラックスなんだ。

 

そう、Flowがポイントなのよ。

Know noting? stateでもOK(←これ、生徒向けw)

 

”人間が、Flowでいると、偶然が次々に起こり、モノコトが収まるべきところに収まり、障害が消え去る。人生は無意味な戦いではなくなり、納得がいく目的と秩序の感覚に満たされる。Flowは人生を変える莫大なエネルギーを秘めているのだ”

 

これは、Flowという概念の提唱者であるチクセントミハイの言葉だ。

OK!

てことで、
そんなワーク(プログラム)をやりましょう。

(ワークタイトル)
Top Priority
UNO流「カエルを食べてしまえ!」
(最大5時間)

第1期(大阪開講)
5/20 14時~

第2期 (東京開講)
6/3 14時~

第3期(大阪開催)
2018年6月17日(日曜)
14時〜 大阪市内

第4期(大阪開催)
2018年7月1日(日曜)
14時〜大阪市内

第5期(東京開催)※少数限定3名
2018年7月6日(金曜)
19時〜22時 東京大井町

第6期(福岡開催)
2018年7月14日(土曜)
13時〜 博多 or 天神

※開催希望があれば調整に入ります。
希望者は下記の申し込みボタンからフォームに移動し、連絡してください。

【 受講費用 】
ひとり 55,555円
(ゴーゴーゴーゴーゴー!)
↑↑ 特に意味はないw

 

Top Priorityにエントリー

※ワークタイトルの「カエルを食べてしまえ!」というのは、

宇野が尊敬する先生のひとりにブライアン・トレーシーって人がいて、

先生の昔の著書に「カエルを食べてしまえ!」がある。

カエルとは「最重要なこと」で、食べてしまえ!とは「実行する、片付ける」ということ。

つまり、最重要なことを真っ先に片付ける習慣が人生を成功させる、という教えだ。

ただしUNO流では、この理論に現代的国内的なアレンジを加えている。すなわち、最優先事項が「嫌なこと」の場合、先生は「嫌なまま、実行する」と教えるが、UNO流では「嫌なまま」実行させることは無い。

さてどうやるかはプログラム内で。

※このプログラムは、要するに宇野によるコーチングプログラムであって、

特に決まったカリキュラムを進行させるというものではありません。

ひとりひとりの現状をプロの技でヒアリングしながら把握し、

ひとりひとりのアウトカムを丁寧に設置。価値観を明確にしてからTop Priorityをあぶり出す。

そのへんの適当な自称プロには到底できないと思いますw

 

※講座の日から3週間の期間、グループチャットをクラスごとに設置して

Top Priorityの実践状況をモニタリングし、適宜宇野からツッコミが入ります。

 

※当たり前ですが、最優先事項に取り組むのはあなたです。

自分で自分の人生を動かす意欲や覚悟の無い方は、

受講費用が安いからといって参加することの無い様、お気をつけ下さい。

 

※Top Priorityに関連する昔の動画
https://youtu.be/TLTA4cbo0nQ

 

 ~>>さらにTop Priority UNO流カエルを食べてしまえ!に関する補足動画3本はここをクリック

 


Top Priorityにエントリー

 

Top Priority開講のきっかけ

ある日、ひとりの塾生との対話が印象的でした。

対話は流れるように「価値観発掘セッション」になった。

1週間ちょっと経った昨日、その方からのメッセージが来た。

↓↓↓

「自分の価値観を言語化することが叶うとこんなに違うんですね!『なによりまず貢献を優先せよ』という宇野課題が効いてます。仕事の復帰、彼との復縁、家族との復縁が一気に解決しました!」(原文そのまま)

この方の場合、「貢献する」という価値観を第一価値観に設置した途端、生活で迷いに迷っていたことが嘘のように「決断」が促され、問題として引っ掛かっていたことがスルスルと解決していった様子。

ただコレ、別に大したことじゃなくて(本人さんすんませんw)、当たり前のことですね。自分にとって一体何を「価値観」として、とりわけ何を「第一優先」にするのかについてしっかり意識的合理的に ”知っておく” ことで生活・仕事あらゆる面で『今、正に今、自分が何にチカラを注げばいいのか』が火を見るより明らかになるわけです。当然の結果なんです。

それを ”知らない” まま、問題点、選択点にボーッと突っ立ってるから、

いつまで経っても人生が動かないんですよ。

で、これは個別性の高い項目なので、希望者はメッセージ(ここに返信)で電話番号送ってください。

ちょっと喋ってたら「あなたの価値観コレやね」と、まぁ大体スグわかりますんで。

 

それか、

「価値観のリスト」をまとめてみたから、

コレ数日眺めながらじっくり自分で考えるのも、いいかもね。

「価値観のリスト」欲しい方は、

「価値観のリストほっすぃー」と個別トークで連絡をよろしく^^

友だち追加

 

既に凄い数の「価値観のリストがほっすぃー」メッセージをもらってます(笑)

「価値観のリスト」ぎょうさん売れるわぁー

って、無料(タダ)でっせ^^

リストの右側のぬこは宇野の10年の連れ合いだw

縁起の良いぬこなので、ちゃんと拝むように(笑)

リストはプリントアウトして、しばらく持ち歩くことをオススメする。

リストの使い方はイロイロあるね、どう活用可能か考えてみよう。

現在も配布可能なのでLINE@に登録を。

 

友だち追加

Top Priorityにエントリー

 

 

生き方とは、価値観を明確にして、それに従うことだ

「生き方」というのは、それはそれはもう、

誰にとっても重要な概念でありキーワードであることは疑いようがないよね。

例えば稲森会長の「生き方」って本は2004年に出てから150万部売れ、

今尚ベストランキングに常時君臨する。

80年前に書かれた児童書「君たちはどう生きるか」は2017年に新しく漫画化されて、

やはりバカ売れしている。

生き方、これが「どうでもいい」などと面倒くさそうに語るやつが居るのなら、

きっとその人のことなど誰も相手にしないし、付き合う価値が無い、と人は離れていくに違いない。

 

生き方がどうでもいいって、

それは誰に対してもどんな価値をも提供するつもりは、

私には無い、と宣言しているようなものだ。あるいはただの格好悪い「格好つけ」だな。

 

ところで、生き方って、言い換えれば

「どの、価値観を、優先して、時の流れを、過ごすのか」

ということだ。

 

これが明確でないのなら、

いくら「生き方が大切だ」などと考えたり語ったりしたところで、

「てか、ジブン出来てへんやん」で、一発終了なのだ。

 

生き方が大切と誰かが語るのなら、すかさず

「へぇ、ではアナタは例えば今日という時間を、どの価値観を優先して過ごしたのだ?」

と尋ねてみればいいだろう。

即座に自らの価値観を「言語化」出来ぬのなら、

あるいは尋ねるたびにその「価値観言語」が一貫性無くコロコロと変わるのなら、

キミが言う大切さなど単なる聞きかじりのステレオタイピングに過ぎず、

キミ自身がまずは本当に生き方を定めてそれを大切に扱うべきだ、

というハナシで、やはり一発で終了だ。

 

 

ところで、あなたは、
今日をどの価値観を最優先に、過ごしましたか?

価値観リストを眺めながら自分自身で回答してみよう。

※リストもってないならLINE@に登録して宇野にリストを希望すること

友だち追加

 

では、次に、その「(今日優先した)価値観」は、本当にあなたの目標に

”最も効果的” なものだろうか??

効果的でないと想うなら、

一日も早く効果的な価値観に変える必要がある。(当たり前)

 

効果的だと言うのなら、さらに重ねて質問がある。

それは「あなたの状態と状況で、その価値観が効果的ということだが、

プロの視点と発想で考えても、その価値観がベストだと(プロに)言わせる自信はありますか?」だ。

この最後の質問にもYESと回答するのなら、

きっとあなたは今日という日をとても充実かつ目標効果的に過ごしたということだ。

 

すばらしい!

 

しかし、自分の価値観が無自覚、何かワカラン、効果的かもワカラン、ということなら、

価値観を明確にしてTop Priority(最優先事項)に集中するプログラムが役に立つだろう。

 

そろそろ、生き方を知ろうじゃないか。

Top Priority UNO流「カエルを食べてしまえ!」プログラム参加者募集中

Top Priorityにエントリー

 

 
Top Priority UNO流カエルを食べてしまえ!

グループコーチングであなたが受け取る価値

 

1,アウトカムを設置できる

2,価値観を明確にできる

3,最優先事項を定めて3週間プロのチェックを受けられる

 

ということについて、補足の動画がアップロードされましたので、ご覧ください。

Top Priority

UNO流カエルを食べてしまえ!

についての内容説明動画が3本、アップロードされた様です。

アウトカム設定の重要性、価値観明確化の意味、最優先事項の考え方、

それから「社会人にとっての本当の安らぎについて」

「ありのまま信仰で人生を逆に拗らせてる数百万人へのメッセージ」など・・

関係があると思う人たちには極めて重要なコンテンツになってますから、どうぞ。

 

Top Priority 動画三本まとめ

Vol.1 「今日何して生きる?あなたの最優先事項は何ですか?」

 

Vol.2 「価値観が全てを決める!?価値観と目標のズレがメンタルをぶっ壊す」

 


Vol.3 「フローによる本当の安らぎとは!?”ありのまま”で良いはずがない・・」

Top Priorityにエントリー

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

unohiromiの最近記事

  1. 1UNO Room ほぼ完成

  2. PCM Zatsudankai… 雑談会

  3. 1UNOルーム、開設…

  4. 【ゼロポイント速修】宇宙をわかりきりたい人、他にいませんか?

  5. 【1Day速修】前進のために|逆説で見つけるゼロポイント速修セミナー

関連記事