メンタルケア無料相談 & 実用心理メソッド PCM を修得する私塾

  1. 84 view

検査は10分以内。人生で一度だけ。しかし結果は死ぬまで一生活用できます

遺伝子検査レポートをだらだら眺めながら、自分のライフスタイルをじっくり考える。

長期的な人生プランに自分の「生まれつき」の性質を統計学的に可視化できるって、遺伝子検査以外にありませんね。

 

子供の特性調べはほとんど子育てにおいて必須的

恋人や友人へのプレゼントにもいいですよ。

 

遺伝子検査は人生でたった一度でOKであり、一生使える、一生かけて参照し続けられる検査レポートを大切な人への贈り物にするって、なかなか粋なことではないでしょうか。

 

宇野自身も、500項目を超える検査レポート、その項目ひとつひとつを眺めながら、

例えば、遺伝的に、

・心筋梗塞のリスクが高め
・血中のステアリン酸濃度が高くなりがち
・血中のビダミンD濃度が低くなりがち

という3つの結果から、自分の食習慣の一部を編集・上書きしました。

牛脂・ラードの摂取と魚の脂の摂取比率を、これまでの8対2から、これをひっくり返して2対8にする。さらに高濃度のビタミンDサプリメントを定期購入する。(アマゾン定期便でセット済)

というプランです。

たった3つの遺伝子情報から上記の具体的なアイディアが導かれており、その他500項目それぞれの相互的な絡まりや組み合わせを、これからもじっくりやっていくことで、

心身の健康増進プランをいくつも見つけられそうで、本当にオモシロイです。

あなたも、こういった取り組みを10年オーダーで続けたら、効果的にリスクマネジメントできる可能性について、考えてみてくださいね。

 

遺伝子検査ジェノプラン↓
https://unohiromi.com/?p=1095

 

 

 

unohiromiの最近記事

  1. 「私はモテるはずなのに、どうして・・・」 という相談がありました。女性です。

  2. 【保存版】心力の基礎をつくる「3つの習慣」

  3. PCMをマスターする本コース|第77期 開講情報【3年ぶり開講】

  4. 学ぶ意欲の高い人は自尊心が高いってことです。

  5. 人生は続くが、何をやっていけばいいのでしょう?

関連記事

LINE@ 友だち登録!

Twitter でフォロー